栄養バランスの良い食事|糖尿病を予防する!

doctor

長く付き合っていく病気

女医

糖尿病は長く付き合っていくことが大事です。そのためには食生活の改善が必要で、1日3食しっかり食べるのが基本です。食事内容は糖質や炭水化物を控え目に、量は食器の大きさでコントロールします。自宅療養の場合は患者が自覚して料理を作ることも必要です。糖尿病食の宅配弁当を利用するのも良い方法です。

読んでみよう

家庭でできる療養法

woman

糖尿病患者に施す治療法と言えば、投薬や注射という印象がありますが、食事内容を改善することにより、病状の悪化を防ぐことが可能です。生活態度の改善こそが、どんな病気を治す際にも必要な事柄であるため、これは今後更に研究と発展が続けられていくでしょう。

読んでみよう

食の改善を図ろう

糖尿病の食事療法で栄養バランスのとれた食事ができる宅配弁当を取り入れようと思っている方はこちらを参考にしてみましょう。

基礎知識と心得

糖尿病は食事と密接な関係にあるインスリンの不足により起きる病気です。インスリンが不足すると、食事をすることにより得られてきたブドウ糖などの栄養素の摂取が難しくなり、身体の各細胞が栄養不足状態となります。その一方で、利用されなくなったブドウ糖が血液中で溢れるようになります。これがいわゆる高血糖で、放置したままでいると、合併症を起こしてしまいます。これを防ぐ方法としては、摂取する食物の種類や量を調整せねばなりません。つまり、栄養のバランスの取れた食事をすることが、糖尿病と向き合う第一歩となります。その辺を意識しないでいると、先にも記したように病状が悪化し、失明する恐れがあるため、注意が必要です。

療法として機能させるには

食事療法は薬を飲む訳ではないため、あまり重視しない人がいます。しかし、糖尿病を患った原因が暴飲暴食にあることが多いため、そこを見直すだけで病状の悪化が防げます。糖尿病患者用の食事と言いますと、極端に淡泊なものをイメージする人がいますが、これは誤りです。一日の摂取カロリーさえ守れば、他はバランスをよくするだけで構わず、魚や肉なども出して構いません。急に食事制限をかけても、それがストレスになることが多いため、うまくいきません。食事療法を気長に続けるコツとしては、なるべく極端な我慢をしないことです。どんな物事も楽しむがあるからこそ続くのであり、それを意識して味わいにバラエティーを持たせることが肝要となりますただし、薄味になるようにしてください。特におすすめの食材が、キノコ類だと言われています。また、海藻もいいでしょう。これらはカロリーを抑えることができるので、積極的に摂取することが大切です。また、血糖値は糖尿病患者にとって大切ですが、これが上がりにくいメニューがあります。たとえば、蕎麦や玄米などは食べても血糖値が上昇することはありません。味付けによっては、パスタなども有効だとされています。

病食がもたらす健康

woman

病食は単にカロリーの数字を合わせるのではなく、栄養もメニューごとにコントロールされています。糖尿病食で見た場合、1食抜いて2食分のカロリーを1日分として計算するのは、血糖値を上げる行為なので用心しましょう。食事・薬物・運動療法と、バランスが大切です。

読んでみよう

Copyright©2015 栄養バランスの良い食事|糖尿病を予防する! All Rights Reserved.